九州大学大学院システム生命科学府

九州大学大学院システム生命科学府

Graduate School of Systems Life Sciences Kyushu University Graduate School of Systems Life Sciences Kyushu University
未来を創成し、新しい世界を切り拓く 未来を創成し、新しい世界を切り拓く

37 LABs 37 LABs

SLS
RECOMMENDS
TAGS

#生命情報科学
#生命情報発見学
#データサイエンス
#機械学習
#生命情報処理学
#感覚
#脳科学
#画像処理
#におい情報
#生命情報数理学
#パターン認識
#生命情報電子工学
#生命情報解析学
#トランスクリプトーム
#細胞分化
#認知神経科学
#決断科学
#生命工学
#生命プロセス工学
#再生医療
#人工臓器
#幹細胞
#細胞・組織工学
#遺伝子工学
#バイオ医薬品生産
#機能組織化学
#薬物送達
#バイオマテリアル
#イメージング
#ソフトマター
#超分子化学
#免疫学
#生命物理工学
#バイオミメティクス
#環境浄化
#生物物理
#生体機能工学
#バイオメカニクス
#バイオトランスポート
#先端医療デバイス
#ロボット工学
#メカトロニクス
#医療機器
#細胞制御工学
#アンチエイジング
#機能性食品
#老化
#極限環境生物工学
#古細菌
#ゲノム編集
#蛋白質工学
#DNS修復
#生命医科学
#細胞工学
#細胞内小器官(オルガネラ)
# 細胞周期
# 細胞内膜融合
# 小胞体
# ゴルジ体
#性差生物学
#性差
#組織特異的発現
#核内受容体
#クロマチン構造
#代謝調節
#生殖腺発達
#情報生物学
#バイオインフォマティクス
#遺伝子発現制御
#がんゲノム
#疾患ゲノム
#エピゲノム
#分子進化
#ゲノム医科学
#人類遺伝学
#集団遺伝学
#神経疾患
#ゲノム多様性
#有毒生物
#構造生命科学
#構造生物学
#X線結晶構造解析法
#核磁気共鳴法(NMR)
#クライオ電子顕微鏡
#分子認識
#ゆるい相互作用
#タンパク質
#酵素反応機構
#糖鎖転移反応
#NADPHオキシダーゼ
#DNA複製
#エンドサイトーシス
# 細胞骨格
# シグナル伝達
#統合オミクス
#システム生物学
#数理モデル
#計算機シミュレーション
#ホメオスタシス
#シグナル伝達
#代謝
#統計的機械学習
#情報理論
#メタボロミクス
#メタボローム
#分析化学
#疾患解析
#毒性解析
#食品機能解析
#トランスクリプトミクス
#転写
#エピジェネティクス
#ディープシークエンス技術
#骨格筋分化
# エピゲノム
#ヒストンバリアント
#生物科学
#動物発生生物学
#発生
#生殖
#鳥類
#細胞
#細胞機能学
#線虫
#ツメガエル
#カマキリ
#神経
#植物分子生理学
#気孔
#葉緑体
#分子細胞生物学
#ペルオキシソーム
#オルガネラ
#プロテインキネシス
#脂質細胞生物学
#上皮細胞
#細胞膜
#脂質
#細胞接着
#分子遺伝学
#行動
#遺伝
#嗅覚
#染色体機能学
#染色体
#相同組み替え
#損傷
#修復
#植物多様性ゲノム学
#アサガオ
#トランスポゾン
#バイオリソース
#イネ
#光合成
#生体高分子学
#自然免疫
#カブトガニ
#ショウジョウバエ
#生態科学
#生態学
#種文化
#系統地理
#微生物
#ヒ素代謝
#メタゲノミクス
#行動神経科学
#マウス
#記憶・学習
#数理生物学
#生態
#進化
#数理
#ゲノム
#量的遺伝
#幹細胞生物学
#多能性
#リボソーム
#進化遺伝学
#集団遺伝
#集団史
#人類進化
#霊長類
#進化医学
#精神疾患
#海洋生物学
#沿岸生態系
#魚類
#潮間帯
#サンゴ

生命情報科学

生命工学

生命医科学

生物科学

ABOUT US

20世紀における生物学は,分子論的研究を導入することによって飛躍的に発展し近代化してきました。 特に遺伝子操作技術の進展とゲノム塩基配列決定法の高速化によって多量の情報が生み出され, これは,分子生物学の隆盛だけでなく,オーダーメイド医療,ゲノム創薬,生物生産の飛躍的増加を目指す分子農学など,生物学全分野においてゲノムを基礎とする新展開をもたらしています。

VIEW MORE

NEWS & EVENT

すべて
講義情報
開講・休講情報
最新の研究成果
入試情報
その他

VIEW ALL

FOR EXAMINEES