九州大学 大学院 システム生命科学府

教育研究の目的および教学上の三つの方針(3ポリシー)について

Contents

教育研究の目的

 近年の生命科学は実験・計測機器の高度化により、膨大かつ詳細な情報を得ることで飛躍的な進展を遂げている。しかしながら、このような機器や解析法の開発、ならびにそこから得られる膨大な情報から重要な意味を抽出する作業を旧来の生物学、医学、農学分野の研究のみで行うには限界があり、情報科学および工学分野の理論と技術が不可欠である。システム生命科学府では、生物学、医学、農学、情報科学、工学の諸分野を横断的に融合した学際的な教育研究を行うことで、社会の多様な要請に応えうる独創性と柔軟性に富み、高度な能力と広い学識を備えた先端的研究者・教育者ならびに高度な専門職業人を養成する。そのために、本学府では生命情報科学講座、生命工学講座、生命医科学講座、分子生命科学講座、および生命理学講座の5つの講座を置き、大学院教育を実施する。
 なお、本学府には通常の教育課程の他、英語による授業等により学位取得可能なシステム生命科学国際コースを、副専攻として九州大学博士課程教育リーディングプログラムによる決断科学大学院コースを置いている。

学位授与の方針【ディプロマ・ポリシー】

 本学府では博士(システム生命科学)、博士(理学)、博士(工学)、博士(情報科学)のいずれかを取得することができる。また、2年終了時には所定の単位を取得した上で、修士論文を提出し、 最終試験に合格することで修士相当の学位(修士(システム生命科学)、修士(理学)、修士(工学)、修士(情報科学)のいずれかの学位)を取得することができる。学位の取得にあたっては、以下の能力を修得していることが望まれる。

  1. 知識・理解
    • ・工学系(工学と情報科学)と生命系(生物学、医学、農学)の諸分野を横断的に融合した学際的な研究を行うことで、自らの専門分野に限らず、広く異分野の知識を修得している。
    • 工学、情報科学、生物学、医学、農学の諸科学の融合的教育研究を基に、システム生命科学という新しい研究分野の重要性を理解している。
  2. 技能
      (2-1)専門的能力

    • 未解明の問題や克服すべき課題を的確に理解し、システム生命科学が目指す多面的なアプローチによる研究開発ができる。
    • 分子から集団までを研究対象に対して、システム生命科学分野の多様な計測技術や原理を適用することができる。
    • 学術専門誌に掲載される十分な内容の論文を執筆することができる。
    • (2-2)汎用的能力

    • システム生命科学に関連する多様な基礎的能力を修得することで、専門以外の人々に自らの研究内容や成果を伝えることができる。
    • システム生命科学をベースとする多面的な観点から、他者の研究成果を議論、評価することができる。
  3. 態度・志向性
    • 新たな生命科学領域に積極的に挑戦することができる。
    • 異分野の領域を意欲的に取り込む柔軟性を獲得することができる。
    • 真理探究への情熱と忍耐力を身に付けることができる。

教育課程の編成・実施についての基本方針【カリキュラム・ポリシー】

 システム生命科学という新しい学問領域を見据え、工学、情報科学、生物学、医学、農学領域の教員が本学府の教育研究を担当する。多様な分野の学術的蓄積を統合して、多面的な教育を行うため、また急速な変貌を遂げるシステム生命科学に対応し、柔軟な教育研究体制を構築するため、システム生命科学府(システム生命科学専攻)には5年一貫制博士課程の一専攻を設置している。このことによって、次の教育研究効果が期待できる。

  1. 多面的なアプローチによる教育研究により、最先端の新領域を開拓できる研究者や技術者を育成すること。
  2. 多様な計測技術や原理を適用することで、種々の生命現象をシステムとして理解させること。
  3. 様々な特性を持った学生に対して、柔軟な教育研究を実施すること。
  4. 幅広い知識と判断力を修得させること。
  5. 5年一貫制教育によって、個人の能力に応じた柔軟な教育を行うこと。

カリキュラムの特色は下記のとおりである。

  1. 必須科目として生命倫理学を開講する。
  2. 1年次に情報・工学系学部を卒業した学生は生命系の基礎科目を、生命系学部(理学、医学、農学)を卒業した学生は情報・工学系の基礎科目を履修する。
  3. 学際的教育のひとつとして、セミナー形式で行う学際開拓創成セミナーⅠとⅡをそれぞれ2年次と3年次に開講する。この講義では、情報・工学系分野と生命系分野における課題の設定と研究の展開にそれぞれ特色があることを理解する。

次の科目を配置し、修了要件を定める。

  1. 必修基礎科目:生命倫理学
  2. 基礎科目群:5つの講座が準備する基礎講義科目
  3. 専門科目群:5つの講座が準備する専門講義科目
  4. 特別演習Ⅰ、Ⅱ:科学英語の読解力、論理的な思考力や表現力を養うためのセミナー
  5. 特別研究:複数指導教員の指導により、調査、実験、解析
  6. 学際開拓創成セミナーⅠ、Ⅱ:学際的な研究テーマの選択や学際領域の開拓を可能とするためのセミナー
  7. 領域講究:5つの講座が準備する専門領域講究科目
  8. 博士論文指導演習

 必修基礎科目と基礎科目は主として1年次に、専門科目及び特別演習は1年次と2年次、特別研究は2年次、学際開拓創成セミナーⅠとⅡはそれぞれ2年次および3年次に履修することを推奨する。

具体的な修了要件は次のように定める。

  1. 必修基礎科目         1単位
  2. 基礎科目群から        4単位
  3. 専門科目群から        6単位
  4. 基礎科目群、専門科目群から  3単位以上、ただし2及び3で修得した授業科目は除く
  5. 特別演習Ⅰ          4単位
  6. 特別演習Ⅱ          4単位
  7. 特別研究           6単位
  8. 学際開拓創成セミナーⅠ    2単位
  9. 学際開拓創成セミナーⅡ    2単位
  10. 領域講究           4単位
  11. 博士論文指導演習       6単位

 5年以上在学し、42単位以上を修得し、かつ十分な研究指導のもとに、博士論文の審査および最終試験に合格することを修了要件とする。
 修了者には、博士(システム生命科学)の学位を授与することを原則とするが、博士論文研究の内容によっては、博士(工学)、博士(理学)又は博士(情報科学)の学位を授与する。修士相当の学位は修士課程の修了に相当する要件を満たした者に授与する。
 

入学者受入れ方針【アドミッション・ポリシー】 

【求める学生像】

 医歯薬学系分野または理農工学系分野での基礎学力を有し、システム生命科学の研究に取組む意欲を有する学生を受け入れる。なお、本学府が設置する社会人枠には、企業や民間の研究機関等に勤務している者で、本学府での教育研究での機会を希望する者を受け入れる。また、上記の基礎学力を有する海外からの留学生を受け入れる。

本学府での修学を目指す学生には次のことが求められる。

  • 未知の現象や未解決の課題に対する好奇心
  • 新たな生命科学領域に挑戦する積極性
  • 異分野の領域の学習・研究に対する意欲
  • 真理探究への情熱と忍耐力
  • 生命に関する教養・倫理観

【入学者選抜の基本方針(選抜方式、選抜基準等)】

1.入試区分、選抜方法一覧

2.選抜方法、選抜基準

  • 専門科目、外国語、面接その他必要な審査を行う。面接では、知識、技術能力、適性、研究計画等、多面的に評価する。
  • 社会人特別選抜については、現職の研究者、技術者等の職歴、職務内容、研究計画等を考慮する。
  • 外国人留学生を対象とした国際コース、学部3年次在学生特別選抜入試、および外国人留学生特別選抜については、知識、技術能力のみならず英語または日本語でのコミュニケーション能力、研究計画等についても考慮する。

なお、各試験における詳細事項に関しては募集要項に記載している。

九州大学 大学院 システム生命科学府

〒819-0395 福岡市西区元岡744

交通アクセス 九州大学
PAGE TOP