九州大学 大学院 システム生命科学府

概要

Contents

概要

concept_image

 20世紀における生物学は,分子論的研究を導入することによって飛躍的に発展し近代化してきました。 特に遺伝子操作技術の進展とゲノム塩基配列決定法の高速化によって多量の情報が生み出され, これは,分子生物学の隆盛だけでなく,オーダーメイド医療,ゲノム創薬,生物生産の飛躍的増加を目指す分子農学など, 生物学全分野においてゲノムを基礎とする新展開をもたらしています。

特に,今後の再生医療やナノ診断・治療に関しては,その応用が期待されています。 これらの新分野はいずれもポストゲノム科学として情報科学と融合した総合生物情報学へと進展しつつあります。 急速な生命科学の進展に対処していくためには,生物学,情報科学,工学などの諸科学の融合が必要となり, こうした学際的で世界水準の教育研究領域としてシステム生命科学が要請されています。

また,こうした生物学(医学を含む)と情報科学,あるいは生物学と工学という複数の素養を持つ学際的な人材が研究機関や産業界で求められており, このような人材を養成する大学院組織(学府)を早急に立ち上げることが急務でありました。

九州大学大学院システム生命科学府は,情報科学,工学と生命科学を融合した, これからの総合生命科学を担う教育を行う学府として設置されました。

九州大学 大学院 システム生命科学府

〒819-0395 福岡市西区元岡744

交通アクセス 九州大学
PAGE TOP