九州大学 大学院 システム生命科学府

履修概要

Contents

平成30年度履修登録期間

後期(秋学期・冬学期)履修登録は終了しました。

 

九州大学大学院システム生命科学府 履修概要の適用年次について

履修方法等の内容は、入学年度に制定された事項が課程修了時まで適用されます。
入学年度によって履修方法等が異りますので、必ず自分の入学年度の履修概要を参考にしてください。

なお、3年次編入の学生においては実際の入学年度ではなく1年から入学していた場合の年度が適応されますのでご注意下さい。

(例)平成29年度入学の3年次編入生 → 平成27年度カリキュラム適応

基礎科目についての補足(平成29年度入学者以降)

 原則として、表1に定める本学府で修得すべき基礎科目の種類を履修した場合のみ学位取得に必要な単位(表2)内の「②基礎科目群(4単位)」として認める。学部での専攻と同分野の基礎科目を選択した場合は「④基礎科目群、専門科目群から(ただし、②及び③で修得した授業科目は除く)(3単位以上)」として認定する。
 ただし、出身学部での専攻分野と現在所属する講座の分野が異なる場合は指導教員と相談の上、基礎科目を選択し「②基礎科目群(4単位)」として認めることができる。相談の結果は必ず事務室へ報告を行うこと。

修士相当学位の取得について(平成29年度入学者以降)

 本学府は5年制一貫博士課程を採用しているため、5年間の在学及び博士論文の受理を持って卒業と見なされます。よって、修士相当学位の取得のみで学籍を失う場合は退学の扱いとなりますのでご注意下さい。

 本学府では原則として修士(システム生命科学)」の学位が授与されますが、指導教員の所属と修得した単位が別途定めた要件を満たした場合、「修士(システム生命科学)」以外の学位名称が選択可能となります。

※ 工学府およびシステム情報科学府の授業科目より修得した単位は前頁表2の定める「④基礎科目群、専門科目群から(ただし、②及び③で修得した授業科目は除く)(3単位以上)」として認定される。

※ 他学府と同時開講(拡充開講)されている科目であっても、システム生命科学府の専門科目として登録を行った場合、工学学位や情報科学学位の要件としては認められません。ご注意下さい。

※ 指導教員の所属により申請可能な学位の名称以外を申請する場合(例えば、指導教員が工学研究院所属の学生が「修士『理学』」を申請する場合)は、上記の表に定められた申請要件を満たした上で、指導教員が理由を書面により学府長に提出し、承認を得る必要があります。

 

修得単位自己チェックシート

平成29年度以降の入学生の方が現時点での単位取得状況を確認できるよう、チェックシートを配布しております。学位取得要件の確認や履修計画をたてる際にご活用下さい。

生命情報科学・生命工学用

生物系3講座用

同用紙は生物学科事務室(West1号館C棟8階822号室)・学生支援係窓口(West1号館B棟3階306号室でも配布しております。

成績確認について

成績確認は,Web上で行えます。

『Campusmate-J』の画面でユーザーID(SSO-KID)とパスワードを入力し「ログイン」をクリックするとメニュー画面が表示されますので、サイドメニューの[成績照会]を選択してください。[成績照会画面]が表示されます。

なお、成績に疑義・訂正等がある場合は、原則として授業があった開講期の終わりまでにシステム生命科学府事務室に申し出てください。

 

大学院の成績評価について

 

九州大学 大学院 システム生命科学府

〒819-0395 福岡市西区元岡744

交通アクセス 九州大学
PAGE TOP