20世紀における生物学は,分子論的研究を導入することによって飛躍的に発展し近代化してきました。 特に遺伝子操作技術の進展とゲノム塩基配列決定法の高速化によって多量の情報が生み出され, これは,分子生物学の隆盛だけでなく,オーダーメイド医療,ゲノム創薬,生物生産の飛躍的増加を目指す分子農学など, 生物学全分野においてゲノムを基礎とする新展開をもたらしています。

特に,今後の再生医療やナノ診断・治療に関しては,その応用が期待されています。 これらの新分野はいずれもポストゲノム科学として情報科学と融合した総合生物情報学へと進展しつつあります。 急速な生命科学の進展に対処していくためには,生物学,情報科学,工学などの諸科学の融合が必要となり, こうした学際的で世界水準の教育研究領域としてシステム生命科学が要請されています。

また,こうした生物学(医学を含む)と情報科学,あるいは生物学と工学という複数の素養を持つ学際的な人材が研究機関や産業界で求められており, このような人材を養成する大学院組織(学府)を早急に立ち上げることが急務でありました。

九州大学大学院システム生命科学府は,情報科学,工学と生命科学を融合した, これからの総合生命科学を担う教育を行う学府として設置されました。

  

『もっと知りたい方へ:システム生命科学府紹介スライド』

  

『学府概要』


 九州大学大学院システム生命科学府は、医学を含む生物学と情報科学、あるいは生物学と工学という複数の素養を持つ学際的な人材を養成すべく、 平成15年4月に発足し、その後、平成20年4月に再編成を行い、現在の5講座編成(生命情報科学講座、生命工学講座、生命医科学講座、分子生命科学講座、 生命理学講座)になりました。

 システム生命科学府の特徴として、(1)5年一貫博士課程(博士前期課程D1, D2、博士後期課程D3, D4, D5)の学際的、融合的大学院である、 (2)基礎から応用に渡る広範な生命科学を包括する教育組織を作り、6研究院(システム情報科学研究院、工学研究院、理学研究院、医学研究院、 農学研究院、基幹教育院)、2研究所(生体防除医学研究所、マス・フォアインダストリ研究所)、1センター(稲盛フロンティア研究センター)に所属する 教員がこの大学院の教育を担う、(3)多様な分野からの出身者に学際教育を施すために、出身分野とは異なる分野の基礎知識を修得させ(たすきがけ教育)、 その後、専門的知識の深化を図る、(4)生命倫理学を必修科目とする、などがあげられます。

 なぜ、このような生命科学に関する学際的知識・技術が大学院教育に必要なのでしょうか?1981年に、ノーベル化学賞を受賞された、故福井謙一博士は、 「”自然”は学問の(物理、化学、生物、数学、地球惑星科学等)垣根というものを知らない」という言葉を遺されています。生物や環境を含め“自然”は、私達人間が 学問分野としてカテゴライズしたものとは無関係に存在し、したがって、生命科学という、いわば自然知能(natural intelligence)を理解・解析し、工学や医学等の 分野での応用、創発(bio-inspired)に発展させるには、ひとつの学問分野に特化せず、広範な学問知識を身に付けることが必須で、それが、また、自分の 専門分野の知識・技術のさらなる深化につながります。あなたに、穴を掘る大きなスコップが与えられ、「1メートルの穴をこれで掘りなさい」と言われたら、 あなたは、どのような掘り方をするでしょうか?なるべく無駄なく効率よく掘りたいといって穴を掘る土表面を狭くしていては、1メートルは到底掘れないでしょう。 土表面を学問知識の広がり、掘る深さを知識・技術量と例えると、深く掘りたければ広範な学問知識を持つことと、容易に想像がつくでしょう。

 九州大学大学院システム生命科学府は、九州大学の生命科学研究のハブ拠点です。基礎から応用に渡る広範な生命科学を包括する教員組織のもとで、 共に、新たな生命科学研究を切り拓いていきましょう。


大学院システム生命科学府長 岡本 正宏




サイト内検索 powered by Google

【九州大学大学院システム生命科学府】
所在地: 〒819-0395 福岡県福岡市西区元岡744(→アクセスマップ) 電話:092-802-4033