生物科学(医学、農学を含む)と情報科学、工学の融合的教育研究領域としての「システム生命科学」という学際的かつ新しいコンセプトのもとに、生命科学の新しい領域を担う研究者・教育者と高度な能力と学識を備えた高度な専門職業人の養成を目的としています。




本学府での就学を目指す学生には次のことが期待されます。

・新たな生命科学領域に挑戦する積極性を有する学生
・異分野の領域を意欲的に取込む柔軟性を有する学生
・真理探究への情熱と忍耐力を有する学生
・生命に関する教養・倫理観を有する学生

**************************************************************

 20世紀の生命科学は,ワトソン・クリックのDNA二重ラセン構造の発見,DNAからRNA,タンパク質へのセントラルドグマの確立,そしてヒトゲノムの全塩基配列の決定へと進展してきました。
生命科学分野から発信された知見や技術は今や医療,農業,工業等の殆どすべての生活・産業分野に目覚しい影響を及ぼしています。

このような飛躍的な進展には,生物科学分野に加えて,情報科学,工学(化学,物理学を含む)分野の理論と技術の導入が大きく貢献してきました。
今日,生命科学は上記の諸科学の融合によって総合生物学という全く新しいパラダイムの構築へと突入しようとしています。

従って生命科学に関する諸分野が単に協調・統合するという教育研究体制では,21世紀の生命科学の世界的な潮流に全く対処し得ないことは明らかであり, システム生命科学の展開をめざした新たな教育研究組織によって将来を見据えた現代的諸課題に取り組まなければならない時期を迎えています。

本学府では,九州大学の学府・研究院制度の利点を活かして,医学・理学・農学・数理学・工学・システム情報科学の各研究院と生体防御医学研究所の教員が参画し, 法学研究院の教員が授業担当をしており,システム生命科学の学際的教育を実践できる組織となっています。

このような多様な構成により,医学,分子生命科学,工学,および情報科学の先端技術や理論を再編・融合し,新規学際分野を構築することが可能になりました。
本学府では,多様な専門分野の学部卒業生や,社会人,留学生を対象にして,時代の変遷を一層促すような総合的分野を開拓しようとする意欲あふれる人を受け入れ,社会の要求に堪えうる独創性と柔軟性に富む研究者,高度な技術を持つ専門職業人としての人材を育成します。

本学府の特徴は,従来の生物科学,情報科学,工学などの枠組みを取り払い,学府として一体化することによって,生物科学と情報科学,あるいは生物科学と工学というダブルメジャーの素養を持ち,かつ倫理ならびに特許取得,ベンチャー企業立ち上げなどの経済的視点に立って価値判断ができる技術者,研究者を養成するシステムを構築しました。

本システムは社会から緊急に要請されているニーズに対しても応えるものであり,このようにパラダイムの転換を図るために,5年一貫制博士課程において教育を行います。
なお,2年修了時には専門技術を身につけ修士学位を取得することを可能としています。したがって,入学試験は幅広い分野からの人材を受け入れるために,各分野で異なる試験科目で行います。

本学府はシステム生命科学専攻の一専攻からなり,生命情報科学,生命工学,生命医科学,分子生命科学の4大講座から構成されています。
また,バイオインフォマティクス分野の新たな科目の受講希望者に対して,学際教育推進コースを設けております。

本学府では,多様な分野からの出身者に戦略的学際的教育を施すために,出身分野とは異なる分野の基礎知識を修得させ,その後専門的知識の深化を図ります。特に学際領域の開拓を目指した学際開拓創成セミナーを設け,異分野間の共通認識,あるいは学際分野での問題点を認識できる教育を試みます。
そのため,学部教育とは異なる分野を含む複数の指導教員体制をとり,学際的教育研究を目指した教育を受けることができます。



TOP↑