九州大学 大学院 システム生命科学府

【3/13火】 第140回臨床化学セミナーのお知らせ

Contents

第140回臨床化学セミナーを下記のように予定しております。皆様のご来聴を歓迎いたします。

演題:小胞体タンパク質分解経路を介した選択的ミトコンドリア分解の制御
Regulation of mitochondrial clearance via the ER protein degradation pathway

演者:岡本 浩二 先生
大阪大学生命機能研究科ミトコンドリア動態学研究室 独立准教授

日時:2018年3月13日(火曜日) 18:00~19:00
会場:馬出キャンパス 総合研究棟 102セミナー室
対象:九州大学・九大病院の教職員、研究員、学生

要旨:
余剰または不良ミトコンドリアの選択的分解は、酵母からヒトまで保存された基本的な仕組みであり、ミトコンドリアの量と質の管理に寄与している。この異化過程は、細胞質成分をリソソームに運んで分解する細胞の自食作用「オートファジー」に依存しており、それゆえ「マイトファジー」と呼ばれる。マイトファジー欠損は、ミトコンドリア機能低下、神経変性、心/肝不全、老化、がんといった多くの障害に関わっており、その生理的意義が指摘されている。過去の研究において、マイトファジーの選択性を規定する鍵分子が多数明らかにされてきたが、細胞がどのようにしてマイトファジーと他の細胞機能とを連係させているのかはほとんどわかっていない。私たちは出芽酵母をモデル生物に用いて、マイトファジーと小胞体タンパク質分解経路との意外なリンクを示唆する証拠を得ている。異種オルガネラの因子がミトコンドリア分解を制御する可能性について、議論したい。
Selective clearance of excess or unhealthy mitochondria is a fundamental process conserved from yeast to humans, contributing to mitochondrial quantity and quality control. This catabolic event primarily depends on “autophagy”, a cellular self-eating pathway that mediates transport of cytoplasmic components to lysosomes for degradation, and is thus called “mitophagy”. Defects in mitophagy are associated with a myriad of disorders such as mitochondrial malfunction, neurodegeneration, heart/liver failure, aging, and cancer, underscoring the physiological relevance. Although previous studies have revealed multiple key molecules that establish the selectivity of mitophagy, how cells coordinate mitochondrial clearance and other cellular functions remains poorly understood. Using budding yeast as a model organism, we provide evidence suggesting an unexpected link between mitophagy and the endoplasmic reticulum protein degradation pathway. Possible mechanisms regulating mitochondrial clearance through the heterologous organellar factors will be discussed.

世話人:安川 武宏(臨床検査医学分野、内線5752)

九州大学 大学院 システム生命科学府

〒819-0395 福岡市西区元岡744

交通アクセス 九州大学
PAGE TOP